Interview for NastPlas

02. Nastplas (Creative Duo)

PROFILE

彼らはエンジニアの Fran とイラストレーターの Natalia で結成されたクリエイティブディオで、それは 2006 年の時にな る。彼らの作品は抽象的なアートと 3D の ようなデジタルテクニックをミックスした 革新的デザインが多い。 彼らは共にスペイン出身で、カップル でもある。Past publication media (Red Bull # Nike # KUUP # Independentistambul # New Scientist # Karl Wolf # Burda Creative Group # Allianz # Coca-Cola etc.) http://nastplas.com

Question & Answer

  • Q1. いつからデザインを作るようになったのですか、またその理由も教えてください。
  • NastPlas(以下NP): NastPlasはイラストレーターであるフラン・レアルテとクリエイティブディレクターのナタリア・モリィノスが2006年に結成したクリエイティブディオであり、マドリードを拠点に活動している。私たちのクリエイションは多くのデジタル技術や刺激的なビジュアルを伴った抽象的なアートから作られています。NastPlasは10年前にマドリードで結成され、それは自分たちのアートやデザインに対する情熱をクリエイションを通して世界中に表現するためです。私たちは子供の頃からクリエイティブに通じる環境で育ち、後に彼女はインテリアデザインとアートを、彼はコンピューター技術を学びました。ここからNastPlasとして活動を始めました。
  • Q2. あなたたちのデジタルアートは素晴らしいものだと思うのですが、このテクニックをクリエイションに応用するようになったきっかけを教えてもらえますか?
  • NP: ソフトウェア開発としての私の研究は初め、NastPlasのクリエイションに伴う私のコンピュータスキルの向上に大いに役に立っています。
  • Q3. コンピューターのエンジニアとして働いていたのですか?
  • NP: 現在、ソフトウェア開発者として働いていて、会社でテクニカルサポートをしています。このことはNastPlasのアートワークにとても貢献しています。
  • Q4. 小さい頃はエンジニアになりたかったのですか?
  • NP: いいえ、小さい頃は宇宙飛行士や冒険家、映画監督、俳優などに憧れていました。
  • Q5. アカデミーでは具体的にどのようなことを勉強していたのですか?
  • NP: 第四世代CASEのコンピューターアプリケーションの開発とファインアートを専攻しました。
  • Q6. 2人はどのようにして出会ったのですか?またお互いの印象を教えてください。
  • NP: 私たちは16歳の時に出会ってからずっとカップルです。NastPlasを結成したのは、アートやデザインは私たちに欠かせないもので、それを表現する必要があったからです。
  • Q7: あなたたちのアートワークの中で人間とグラフィックを融合したデザインを多く見るのですが、あなたたちのアートワークのテイストについて教えてもらえますか?
  • NP: 私たちは人間や科学の世界に存在する沢山のものを参考にします。それは、私たちには科学に通じた友達がいて、また私の姉は生化学の博士でマドリード大学の医学教授です。彼らと話すことで自分たちの作品にとても良いインスパイアが得られます。
  • Q8. デザインプロセスの中で、二人はどのような役割で作業をしているのですか?
  • NP: 私たちの作業はいくつかの段階によって分けられます。最初のステップは、各プロジェクトの情報をできる限り集め、もちろんそれに関連するイメージや文章、資料も含めて集めます。アイデアが明確になったら、普段使っているツールを選び作っていきます。それは3Dアートやフォトレタッチ、ベクトリアルデザイン、エアブラシなど。試作品があればクライアントに説明しやすいでしょう。作品をまとめる前に、適切なライティングを加えて最後にそれに合った名前を選びます。
  • Q9. マドリードはあなたたちのクリエイションにどのようなインスパイアを与えてくれますか?
  • NP: マドリードは住むにはとても良い場所です。たまに他のアーティストの展覧会に行くこともあります。マドリードの文化的賑わいはとても大きいと思います。
  • Q10. この雑誌のテーマは「刺激」ですが、何か刺激を感じたエピソードはありますか?
  • NP: 全てのことを楽しむことが私たちのベストストーリーです。
  • Q11. これからチャレンジしたいことや将来的にしたいことを教えてもらえますか?
  • NP: 私たちが関心ある新しいプロジェクトは私たちにとって新しいチャレンジになると思います。
  • ----
  • English
  • Q1. Can you tell me your background, when and why did you start to make design?
  • NP: NastPlas are a creative duo based in Madrid and formed in 2006 by illustrator Fran R. Learte 'drFranken' and creative director Natalia Molinos 'Na' (together 'NastPlas Team'). Our work provides a variety of digital elements and abstract patterns with which develop elaborate pieces of art with a great visual load. Nastplas was formed ten years ago in Madrid because of our passion for art and design and to show our work worldwide. Our origins are the same. Natalia and I have lived in a creative environment since the childhood. Later Natalia opted for Interior Decoration and Design and I opted for Computing and Technology . From here we begin to work together as NastPlas.
  • Q2. I think your art work like digital art is so great, What inspired you to start making one with digital techniques?
  • NP: My studies as a software developer helped me begin to implement my computer skills along with our artistic skills, which I think is a very balanced tandem.
  • Q3. Have you worked as a computer programmer in engineering?
  • NP: Currently I continue working as a software developer and providing technological support in the company. It is a perfectly compatible work with our development in NastPlas.
  • Q4. Did you first aim to be an engineer in childhood?
  • NP: No, in my childhood I liked to be an astronaut, adventurer, filmmaker, actor... etc
  • Q5. Specifically, what did you study at the Academy?
  • NP: Development of computer applications in 4th generation CASE (Computer-aided software engineering) tools and Fine arts.
  • Q6. How did the two of you meet? And What was your impression of each other at that time?
  • NP: We've known each other since we were sixteen and have been together as a couple since. We decided to start NastPlas because art and design are our passion and we needed to express all the art that runs through our veins. Natalia is responsible for the creative side and me the technology side and production.
  • Q7. I often see things combining human figures and graphic design in your artwork, so Could you tell me more about the charm of human figures of you?
  • NP: We have many references on the world of science and the human being, since we have scientific friends. My sister is also a Doctor in Biochemistry and a Professor of Medicine at the Universidad Europea de Madrid. They help us with some of the themes we are inspired by and we also talk about their work, which is very inspiring.
  • Q8. In the process of making the design, how do the two of you actually work with each other?
  • NP: Each project we work on is divided in several phases, the first step is to study each project and gather as much information as possible, through related imagery, texts, references… Once we have a clear idea we normally select the technique to use, it can be a combination of 3D elements, photo retouching, vectorial art, airbrushing, etc. This is where the creative and production process really starts. If there is a preliminary study it is so much easier to adapt to present to the client in the final stage. Before we wrap up, we add the proper lighting and, finally, choose an appropriate name that fits the piece.
  • Q9. How influential has living in Madrid been to your design work?
  • NP: Madrid is a great city and a good place to live. We often go to exhibitions by other artists and conferences. The cultural offer of Madrid is immense and high quality.
  • Q10. The theme of this magazine is 'incentive', do you have anything story of incentive in recently?
  • NP: We think the best story we can tell is enjoy every moment and thing you do.
  • Q11. Do you have anything you would like to do or challenge in the future?
  • NP: Any new work that we find interesting will be a new challenge for us.