Interview for Janusz Jurek

04. Janusz Jurek (Graphic designer)

PROFILE

ポーランド ( オスロー ) 出身 1972 年生まれのグラフィックデザイナー。地元の TV 業界でコマーシャルデザインを制作し、過去 にはフォトグラファーとしても働いていた。彼の作品が注目されたの は、ジェネレイティブアートと呼ばれたコンピューター のプログラミ ングを応用して作成されたアートを使って革新的なグラフィック作品 を作り出したためである。IFCC Cratia 3D category prize に始まり、数々の賞を受賞している。Past awards (2016 Adobe InDesign splash screen image, Lumen Prize nalist, Celeste Prize nalist, Cultural event of the year -nominated, etc.) Past exhibitions (2017 Artroms - London, Lumen Global Tour - Winter Lights Festival, Canary Wharf, London etc) http://www.januszjurek.info

Question & Answer

  • Q1.デザインを始めたきっかけを教えてもらえますか?
  • Janusz Jurek(以下JJ): 3Dデザインを習得したく、でもそれはとても難しくて同時に興味深いものだった。空いた時間を使って、新しいテクニックを学び、だんだんとイメージを明確にしていったんだ。ジェネレイティブアートを始めたのはちょうど4年前で、当時はコマーシャルデザインを主にしていたね。その前は写真の仕事もしていたよ。3Dデザインのクオリティを高めるためにもっと練習する必要があったね。グラフィックデザインのアートワークは20年前から作り始めた。当時は写真家として働き、またロゴデザインも作っていた。TV業界で働いていてとても小さなところだったけど、グラフィックデザイナーもやっていた。それが私の最初の仕事でそれからも地方の番組で仕事をいくつかしていたよ。
  • Q2.ジェネレイティブアートの構造について詳しく教えてもらえますか?またどんなツールを使っていますか?
  • JJ: 各アートワークにはそれぞれ違う背景がある。全く違ったツールをミックスして、それらのアイデアを融合して新しい可能性を見ることはとても興味深いもの。ウェブの中で、ジェネレイティブアートは色々なツールがあるしね。ジェネレイティブアートはコンピューターのコード(プログラミング)で出来ている。最初にプログラミングを構成し、3Dデザインの構築、それから形を作り、人間の身体から発想を得たキャラクターを生み出していく。
  • Q. 独学で学んだのですか?
  • JJ: 自分でやっていた部分もあるし、インターネットから使い方を検索していたこともあった。
  • Q3.デザインプロセスを教えてください。
  • JJ: 新しい方法やツールを生み出すことに集中している。面白いことを思いついた時、最初は自分の頭の中にイメージを描く。構成を作り、この構成が可能か考える。それが自分のアイデアとマッチするかだね。それで「私が構成を作る前のゴールはなんだったのか?」また「それらすべてがあるときに、何をどうデザインするのか?」を改めて考える。また私は数学的要素をジェネレイティブアートに応用する。 素材と構成を選び、例えば身体や顔にあたるものを3Dデザインとして形にしていく。 私がアートスクールに通っていたときに、そこでは典型的な描写を学んでいた。今、そのルールを思い出し、3Dモデルの構成はそのルールに則って作られている。私は、実際のモデルを使わず、鉛筆も紙もない。頭のイメージをコンピューターに描くだけだ。
  • Q4.他の記事で人間はとても興味深いものだとあなたはおっしゃっていましたが、それについての考えを聞かせてもらえますか?
  • JJ: 人を描くことはとても明確でシンプルなテーマだと思う。とてもポピュラで典型的なテーマ。プログラミングでそれを作成している。人間はもちろん複雑で洗練されたもの。でもクリエイションでは複雑にしたくない。だからシンプルに人を描く。写真の仕事をしていた時は、モデルは全て人だった。そういったこともあって人をテーマにクリエイションをしたいんだ。 自分が通っていたアートスクールでは、人間の身体(プロポーション)を描く時のルールを教えられた。人間の身体はとても興味深いもの。同時にとても複雑だ。なぜならみんな異なる器やシステムなどから作られているから。それら全ては人間の身体に隠れている。人間の身体は無限の可能性を秘めていると思う。多くの写真家やまたその各々の写真は人間の身体について様々な表現を見せてくれる。それはとても良くて、私たちが人間として自分たちの身体に興味を抱いているからだと思う。
  • Q5.あなたが住んでいるポーランド、オスローはあなたのクリエイションにどんな影響を与えていますか?
  • JJ: ここは私のホームタウン。家族と友人が沢山いる。ある人が私に「なぜ大きい街ではなくこの街で仕事をしているのですか?」と聞いてきた。私は「それはワルシャワのようなとこかな。私にとって大きな都市かもしくは小さな街で仕事をしてもそこに違いはないです。」とシンプルに答えた。オスローは良いところだと思う。天気も良いし。小さい街は自分にとってとても心地いい。すべてが近くて、また交通渋滞もなく、生活のリズムもスローだ。5年前に自分の家を建てて、今でもオスローととてもつながっている。
  • Q6.新しいツールはありますか?
  • JJ: ジェネレイティブアートはとても未発達のもので、新しいクリエイティブができるチャンスをみんな持っている。また私たちがDNAコードを持って生物を生成するのと似たように、ジェネレイティブアートもコードで形が生成される。だからとても面白いと思うよ。
  • ----
  • English
  • Q1.When and why did you start to make design?
  • JJ: I want to have the 3D design technique which is very difficult but interesting at the same time. I use to spend my whole free time for learning new techniques to make things look more and more clear. It’s started four years ago. I did commercial design all the time, and before worked on photography. I need to practice all the time. I started making art works of graphic design 20 years ago, and worked on photography and logo designing at that time. I was also a graphic designer in a very small television field like local TV. It was my first job.
  • Q2.Could you tell me more about the structure of generative art? In addition, what kind of tool do you use specifically?
  • JJ: Each art work has different history. I am very interested to inovate new possibilities which I mix ideas, completely different tools. In the web, it has many tools in generative art. My idea in generative art make from computer codes (programming). My first page is programming structure -3D design structure and then make the shape‥‥ and creates character inspired by human bodies.
  • Q. Do you do it by yourself?
  • JJ: Sometimes I do self-study and sometimes I use coaches on the internet.
  • Q3. Could you tell me your design process?
  • JJ: I focus on finding new ways or tools and when I have something interesting then I make my mind what to do with the first tool. I am making structures and wondering if this composition is possible. It depends on whether it matches my idea. I think again that “What was the goal before I created the structure?” “If I have all tools, what and how do I design with this?” I also use typical math as tools in generative art. I used the rules that I’ve learned drawing classes in art school. Now I remember all the rules, making the 3D model structure with it. I don’t use real model, pencil and paper but it’s just only computer.
  • Q4. You mentioned in an article that drawing humans is very interesting, could you tell me again what do you think about that?
  • JJ: Drawing people is very obvious subject just like the most popular subject but it is also a very classical subject and I do all the things with programming. Human is very complicated and sophisticated. I don’t want to make this object complicated in my creation. That’s why my drawings are mostly simple. When I was photographer that models were all human as well. In my art school, I was taught about human body, proportion, rules in drawing human body. Human body- that’s the mystery. And it is very complicated at the same time because we are made of different vessels, different nervous system, blood vessels and so on. Everything is hide in human body. Human body has infinite possibilities. For example all the photographers and each photography presents different look the way of looking human body. That is so great because we are interested in human body as we are human.
  • Q5. What influence your living city Ostrow Wielkopolski, Poland for you?
  • JJ: Here is my hometown where I have my friends and my families. There was one time that a man questioned me as a graphic designer. “Why does I work in Ostrow not in a bigger city like Warsaw?” I answer “There’s no difference if I work in a big city or small city because I can do many things here. I feel good to live in a small city, Ostrow where it’s very comfortable for me. Everything is so close, and there’s no traffic jam and the life rhythm is slow. I built my own house five years ago, and being very connect with Ostrow even now.
  • Q6. Do you have new tools recently?
  • JJ: Generative art is completely neutral in artists, we have this opportunity to creative new stuff. We watch the development of generative art because it’s just the beginning. This generative art is very close to nature because it make from the code like that we have this DNA code and creating any living creature in the world. So this is very interesting.
  • *Generative Art(ジェネレイティブアート) by Wikipedia
  • Generative Art refers to a work of art that is algorithmically generated, synthesized and constructed by computer software algorithms or mathematical / mechanical / random autonomous processes.
  • コンピューターソフトウェアのアルゴリズムや数学的、機械的、無作為的自律過程によってアルゴリズム的に生成、合成、構築されるアート作品。