Interview for Maria Svarbova

08. Maria Svarbova (Photographer)

PROFILE

スロバキア出身のフォトグラファー。1988 年生まれ。プールを舞台にした彼女のアートワークは素晴らしい。ヨーロッパのみならず、世界中のメディアで活躍している。 Past awards (2017 30 under 30 FORBES, 2016 1.st place, category Profesional_Advertising, Conceptual / International Photography Awards IPA | International) Past publication media (2017 FORBES | Slovakia, VOGUE | Korea, BIG ISSUE | Taiwan etc.) http://www.mariasvarbova.com

Question & Answer

  • Q1.あなたのプロフィールから、文化保全学や考古学を学んでいたとあったのですが、なぜこの学問を勉強しようと思ったのですか?
  • Maria Svarbova(以下MS): そうですね。高校生の時に古い絵画が私の周りに沢山あり、また絵も描いていました。当時、画家になりたかったんですが、ある時に少し自分の人生を見つめ直そうと思いました。私の周りにはいつも絵画についての文献や歴史著書があって、私はそれらにとても魅力を感じていたのでその分野を生かせる考古学を学ぼうと思ったんです。勉強はとても大変でしたが、ある意味それが趣味として写真を始めたきっかけだったと思います。
  • Q2.現在のような写真を撮るようになったきっかけを教えてもらえますか?
  • MS: 人を撮ることに集中し始めたのは、私の経歴が関係しています。人は私にとても良いインスピレーションを与えてくれて、良い刺激ももらっていますね。私のアートワークは人間とスペース(空間)から発想を得ています。スペース(空間)は人間もなしでは意味を持たなくて、それはただの空であり、何かが欠けているということ。2つとも同じ空間にあって、同じく人間もスペース(空間)なしでは存在しない。たとえ、彼らがどこにいたとしてもです。私のアートワークではその関係性をメインに人間とスペースの調和を表現しています。
  • Q3.影響を受けている写真家は誰ですか?
  • MS: アーウィン・オラフとグレゴリー・クリュードソンです。彼らの作品は大変素晴らしくて、作品自体がとても大規模なものが多いです。
  • Q4.アートワークを作る際にあなたにとって大事なことは何ですか?
  • MS: それは場所やモデル、全体的な雰囲気です。私の作品はテーマに則って作られます。生活の中にあるもので、最近に経験したことで、食事をするダイニングやスイミング、病院に行くなど、活気付いたありふれた日常の情景を与えてくれますが、同時に自分たちを落ち着かせてくれる存在です。また明らかな喪失感や心の叫び、集団や一人でいる時のどうにもならない孤独感も同様に、皮肉にもこれから起こるだろうと思われる喪失感や自己を否定する場面が世の中にはたくさん存在すると思います。そういったことから私たちの周りにあるありふれた日常は私たちを切り離してくれるかけがいのない存在だと思います。
  • Q5.あなたの作品はプールでのクリエイションがとても印象的ですが、この場所を選んだ理由を教えてもらえますか?
  • MS: よく覚えていませんが、作品作りについて初めてのインスピレーションのもとが地元にあるかなり殺風景なスイミングプールでした。ここは80年前に建てられて、壁の真っ白いタイルや「飛び込み禁止」の張り紙に見られるような不毛な空間から、スポーツをするより社会的義務でスイミングが行われていた当時の風潮を感じることができました。しかし、このプールの中にある水の静けさや鏡のように反射する画にとても感激し、動きによって生み出されたその空間は、私たちがすることを必然的に決めているようでした。
  • Q6.あなたはスロバキアのブラチスラバに長く住んでいますが、この街は作品作りに影響を与えていますか?
  • MS: はい、今はブラチスラバに住んでいて、私の故郷スロバキアから影響を受けています。例えば、私の作品の中のスイミングプールを扱ったシリーズは、スロバキアにある10ヶ所以上のプールで撮影をしました。
  • Q7.この雑誌のテーマは「刺激」なのですが、最近の中であなたにとって何か刺激的なエピソードはありますか?
  • MS: 私にとっての刺激的な出来事は、近々にマイアミとニューヨークで開催する私の展示会と自分の著書が8月に出版することです。この本は私のスイミングプールシリーズの中でも最も有名な作品が入っています。出版社はスウェーデンのNew Heroes & Pioneersで、イギリスとアメリカ、ヨーロッパで発売されます。
  • Q8.これからしたいことやチャレンジしたいことはありますか?
  • MS: この仕事を続けたいですし、新しいことにも挑戦したいと思います。もっと作品が奥深くなるようにですね。人々に新しいものや、まだチャレンジしていないことを見せたいです。それはとても難しいことですけど、トライしていきたいと思います。
  • ----
  • English
  • Q1.I saw your profile that you were studying conservation-restoration and archeology, so why and when did you learn this subject?
  • MS: Yes it´s true. In high school I did a lot of restoration and I painted. At the time I wanted to be a painter. After this period, I needed a creative break. I was always close to the history and the past, it fascinated me. That's why I signed up for archeology. It was hard school. In the meantime I started with photography as a hobby.
  • Q2.What inspired you to take the current artistic picture?
  • MS: I focus on photographing people from the start of my photographic carier. They are the main source of inspiration for me, people fascinate me. My artwork comes from the human and the space. The space has no meaning without humans. It becomes empty, something is missing. Same goes the other way around. Humans have no meaning without the space, as if they didnt fit anywhere. The main focus of my series was to harmonize the humans and space.
  • Q3.Who is your favorite photographer?
  • MS: My favorite photographers are Erwin Olaf and Gregory Crewdson, because their photos fascinate me. They have a very big production with photo.
  • Q4.What is important for you when making a art work?
  • MS: Important for me is a place, models and a whole scene. My work is conceptual photography. There are the themes of life, often recurrent activities – dining, swimming, a visit to the doctor – give them a strikingly mundane aspect, although the lack of motion and sentiment generates a disruption, detaching the viewer from the real world to experience the absolute void, the silent scream, the overwhelming loneliness within the group and the self as well, the sense of loss and alienation defining the characters that ironically evoke a haunting vision of a potential future.
  • Q5.Your artwork set in the pool was very impressive for me, could you tell me the reason why you choose this place?
  • MS: Believe it or not, the first spark of inspiration came from the rather stark architecture of my local swimming pool. The building is 80 years old, and dates back to a time when swimming was more a social duty than a sport, which is maybe why they’re such sterile spaces, all white tiles and ‘No diving’ signs. I was struck by the calmness of the water and its mirror-like reflections. That and the signs – there were so many! For a space designed for exercise, they certainly tell you what you can and can’t do.
  • Q6.You have lived in Bratislava Slovakia for long time, so does this city influence your creation? Could you tell me anything like that in detail?
  • MS: Yes I live in Bratislava and my country Slovakia influenced my work. For example In my series swimming pool I have documented more than 10 swimming pools from Slovakia.
  • Q7.The theme of this magazine is 'incentive', do you have anything story of incentive in recently?
  • MS: My incentive for me, for my work are upcoming solo exhibitions in Miami and New York this year and my own book, which will be in August. The book will be my most popular series Swimming pool. The Publisher is New Heroes and Pioneers from Sweden. The book will be distribute to UK, USA and to Europe.
  • Q8.Do you have anything you would like to do or challenge in the future?
  • MS: I want to keep going in this way. Also, I´m experimenting with other news. I want to go deeper. I would like to show people something new, something what they didn´t see before. It´s hard but I´m trying.